新店舗でのシュミレーション|店舗のことを考えたタブレットレジを利用しよう

新店舗開店でタブレットレジを取り入れるシュミレーションをしてみよう

新店舗でのシュミレーション

店員

実際にシュミレーションをしてみよう

タブレットレジを導入する前に、導入した場合どのようになるのかさまざまな視点からシュミレーションをしてみましょう。何回もシュミレーションすることで、導入した後も業務がよりスムーズになりますので、いろいろなパターンを考えてみましょう。

場所を取らない

タブレットレジを想像してみてください。その大きさのものがレジになるのであれば、店の一角に敢えてレジコーナーを作る必要はありません。お店の内装もレジコーナーが必要ないという前提からはじめれば、より効果的に作ることができるでしょう。

持っていても邪魔にならない

タブレットレジは薄くて軽量です。これを持って仕事をすることを考えてみてください。まったく苦になりませんね。前掛けのポケットにも入ります。店舗内で人とすれ違うときも邪魔になりません。

お店のどこでも操作可能

レジやオーダーの操作がお店のどこからでもできます。どの場所でも利用できるということで、店員が一つの場所に集中してしまうといった非効率なこともなくなりますね。

周辺機器をどこへ置くかも考えよう

現金を入れるキャッシュドロワーや、レシートプリンターなどをどこへ置くかも早めに考えておくと、開店時により効率的な業務ができます。配置をその店舗の業務に合わせて工夫してみてください。